現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
棚田米の販売
棚田米の産地から探す
棚田米の品種から探す
棚田米900gシリーズ
棚田米30kg袋
天日干し
棚田米一覧

 お米以外の関連商品
ご利用ガイド
  • NEW
商品コード:
12-1KHX2K-1~12-1KHX2K-7

【28年産】おひさまで仕上げた天日干し棚田米~千葉県 川代(かわしろ)こしひかり(2kg)

販売価格(税込):
1,480
ポイント: 0 Pt
関連カテゴリ:
こしひかり
天日干し米
関東地方
千葉県
川代棚田(千葉県鴨川市)
天日干し2kgシリーズ

代表者名:庄司祐輔

食感(粘り) ★★★☆☆
栽培安心度 ★★★☆☆
希少性 ★★★★☆
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

現在でも湧き水を生活用水に使用する川代集落




天皇献上米
高級ブランド「長狭米」

日本穀物検定協会 平成28年度食味評価(A)認定米

房総半島南部に位置し、現在でも湧き水を生活用水に使用する川代集落。
その水と温暖な気候と土壌で作られた棚田米こしひかりは
日本一のブランドを競う長狭米の名に恥じない味です。

都市部に最も近い棚田を有する鴨川地区は、
多くの棚田オーナーが足を運び米作りを体験しています。

●鴨川市棚田オーナー制度 川代集落 棚田通信
http://kawashiro-tanada.jimdo.com/ 

●鴨川市棚田オーナー制度 川代棚田Facebook
https://ja-jp.facebook.com/kawashirotanada

■NHK BSプレミアム「晴れときどきファーム」(2013年5月24日)に取り上げられました。
http://www.nhk.or.jp/harefarm/archive/130524.html

■NPO法人棚田ネットワーク・会報「棚田に吹く風」2014年春号の「棚田・里山からのたより」のコーナーに川代棚田の記事が掲載されました。
【PDFでご覧いただけます】




『棚田の天日干しと機械乾燥とでは味が違います』

収穫したてのお米はカビ等を防ぐための乾燥方法として「天日干し」と「機械乾燥」があります。

「天日干し」は、悪天候や、重労働などの障害要素が多くとても手間がかかりますが、短時間で乾燥させる「機械乾燥機」と違い、じっくり手間と時間をかけて乾燥させるので籾の割れは少なく味が良いのです。
実際、多くの農家さんが自家用米だけは「天日干し」にしています。

刈り取った稲を束ねて稲架(はさ)と呼ばれる横木に吊るし、お日様の力で乾燥させた「天日干し」は、乾燥機で「機械乾燥」したお米には無い美味しさと農家の方々の気持ちが詰まっています。

 

鴨川市川代
幕府直営の牧があった南房総の主陵、嶺岡山系の山麓に拓かれた棚田。日本の酪農発祥地といわれる。長狭米とよばれる献上米を生んだ保水力に富む土と絶えることのない湧水を頼りにする米どころ。

 

わたしがつくっています ~天の恵みをいただきながら~



お名前

川代集落 庄司祐輔

ニックネーム

ゆうさん

米作り歴

35年(途中かかわらなかった時あり)

品種名

コシヒカリ

栽培方法

天日干し(かけ干し)、天水と土に恵まれ(蛇紋岩)

お米の宣伝

今年は天候に多少左右されたが後半は持ち直した。100%天水なのでNHK BSプレミアム「晴れときどきファーム」に取り上げられた。

棚田の説明

嶺岡山系の水。大きな山ではないが、なぜか水が切れない。渇水期でも大丈夫。

棚田を守るために考えていること

棚田で米つくりと共に近くに小山があるので一年を通して田を見廻りながら山を遊歩道にし、川代遊山という名で整備を始めたいと思う。通りには花木も植樹したい。

お薦めの場所

川代棚田(柿ノ木代)

お薦めイベント

集落の収穫祭。川代の神楽。田原ふるさとフェスティバル(7月の海の日)

お薦めの食べもの

太巻き寿し

店長レポート

■千葉鴨川、川代の棚田、収穫〜天日干し (2015-08-31)

8月最後の日曜日、千葉県鴨川市の「川代の棚田」は棚田オーナーによる稲刈りが実施されました。
この場所は温暖な気候から、ふさおとめをはじめとする関東で一番収穫が早い早生の地域。
大半の田んぼは刈り取りを終えています。


【続きを読む】


■千葉鴨川、川代棚田田植えツアー (2015-05-15)

5月9日は棚田ネットワーク、川代棚田保存会主催の田植えでした。

天気は曇り。暑くもなく雨も降らず絶好の田植え日和。


【続きを読む】

商品情報

商品名 川代(かわしろ)こしひかり 【天日干し米】
内容量 2kg
原材料 千葉県鴨川市こしひかり
保存方法 密閉容器で冷蔵庫の野菜室で保存が望ましい。
常温保存の場合は高温多湿や直射日光を避け風通しの良い場所に保存。
米びつの場合は古いお米を使い切り、掃除した後に新しいお米を入れて保存。
販売者 株式会社成川米穀
〒210-0014
神奈川県川崎市川崎区貝塚1-12-11
電話番号 044-233-3690 (代表)

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

*

【28年産】岐阜県 『坂折(さかおり)みねあさひ【天日干し米】』(5kg)

販売価格(税込): 3,480 円

NPO法人坂折棚田保存会が、オーナー制度や地域物産のブランド化など、積極的保全活動をする400年前から築かれたという岐阜きっての歴史ある石積みの絶景棚田。

【28年産】新潟県 『松之山こしひかり【魚沼産米】』(5kg)

販売価格(税込): 3,980 円

棚田がある場所のさらに高地には「21世紀に残したい日本の自然百選」に選ばれたブナ林が保全され、魚沼の中でも標高が高いこの地区は、高温で食味が落ちる年にその実力を発揮します。

【28年産セール中】新潟県 『佐渡岩首こしひかり』 (5kg)

販売価格(税込): 2,980 円

「トキと暮らす郷づくり」による生物多様性保全型農業に取りくんでいます。

【28年産】長野県 『松川村こしひかり【特別栽培米】』(5kg)

販売価格(税込): 2,880 円

安曇野ちひろ美術館の背に広がる西原地区の棚田では北アルプスからの清流を一番先に取り込み、天然の鈴虫が群生する日本有数のすばらしい環境のもと20年前より農薬・化学肥料をぎりぎりまで減らして米作りを行なっています。