現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
棚田米の販売
棚田米の産地から探す
棚田米の品種から探す
棚田米900gシリーズ
棚田米30kg袋
天日干し
棚田米一覧

 お米以外の関連商品
ご利用ガイド
商品コード:
42-1KHO-1~42-1KHO-7

【28年産】佐賀県 『浜野浦こしひかり』(5kg)

販売価格(税込):
2,980
ポイント: 29 Pt
関連カテゴリ:
こしひかり
九州地方
浜野浦の棚田(佐賀県玄海町)
佐賀県
 
代表者名:松本正弘(浜野浦棚田保全組合長)

食感(粘り) ★★★☆☆
栽培安心度 ★★★☆☆
希少性 ★★★☆☆
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

海から駆け上がる階段のように続く美しい棚田



日本穀物検定協会 平成27年度食味評価(特A)認定米


日本の棚田百選


海から駆け上がる階段のように続く美しい棚田は、空と海と棚田が夕日に染められ幻想的な空間を作り出します。

この絶景をカメラに納めようと、全国からカメラマンが集まります。

古くから上場(うわば)台地と呼ばれるこの地区は、標高100~200mの山が波状的に起伏し、玄武岩質からなる丘陵地帯。

対馬海流の影響を受け気候が温暖であるため、コシヒカリ、いちご、みかん、畑作たまねぎ等を中心とした農産果樹園芸作物の生産が盛んな地域です。


海流の影響で昼間は温暖、夜は冷涼と寒暖の差があり、炊き上がったご飯はつやと張りがあり、粘りと甘みがあります。

生産者、松本正弘さんの棚田は、写真風景の中に見える右手前の田んぼです。
正真正銘の浜野浦棚田限定のお米です。





 

玄海町浜野浦

西海に沈む夕日が映える棚田は、観光ポスターや書籍の表紙を飾るほどの景観。台風が襲来する前に収穫が行われる超早場米地域でもある。

 

わたしがつくっています!~稲が成長する時期には一日中太陽が降り注ぎます

お名前
松本正弘
お好きな食べ物
押し寿司
米作り歴
40年
品種名
コシヒカリ
栽培方法
減農薬
お米の宣伝
玄海灘からミネラル豊富な風が吹き、稲が成長する時期には一日中太陽が降り注ぎます。
収穫後は遠赤外線乾燥機で乾燥。甘みたっぷりのお米です。
棚田の説明
浜野浦川1515mの川によって形成された浸食谷の、本来は農耕地に不適な環境の急斜面に、戦国時代から江戸時代にかけて先人達の偉業により山を切り開き石を積み上げられたもの。
標高は30m~125m
棚田を守るために考えていること
棚オーナー制度などを取り入れてみたい。ボランティアを募り、作業体験をする交流イベントとして実施する事で作業労力の軽減を図る。
お薦めの場所
棚田展望台
お薦めイベント
玄海海花火大会。産業祭。5月の連休に一日のみ(町おこしグループ「玄起海」が)イベントを行っています。
お薦めの食べもの
ハウスみかん。イチゴ。キンショウメロン
ご飯に合うおかず
イカの塩辛

店長レポート

■佐賀県玄海町浜野浦の棚田へ (2015-08-02)

羽田空港から福岡空港経由、レンタカーで佐賀玄海町へ

再会をお約束した棚田保存会代表の松本さんを訪ねました。
途中虹の松原、唐津市内を経由して約2時間で到着。


【続きを読む】


商品情報


商品名 浜野浦棚田こしひかり
内容量 5kg
原材料 佐賀県東松浦郡浜野浦棚田こしひかり
保存方法 密閉容器で冷蔵庫の野菜室で保存が望ましい。
常温保存の場合は高温多湿や直射日光を避け風通しの良い場所に保存。
米びつの場合は古いお米を使い切り、掃除した後に新しいお米を入れて保存。
販売者 株式会社成川米穀
〒210-0014
神奈川県川崎市川崎区貝塚1-12-11
電話番号 044-233-3690 (代表)

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

*

【28年産】岐阜県 『坂折(さかおり)みねあさひ【天日干し米】』(5kg)

販売価格(税込): 3,480 円

NPO法人坂折棚田保存会が、オーナー制度や地域物産のブランド化など、積極的保全活動をする400年前から築かれたという岐阜きっての歴史ある石積みの絶景棚田。

【28年産】新潟県 『松之山こしひかり【魚沼産米】』(5kg)

販売価格(税込): 3,980 円

棚田がある場所のさらに高地には「21世紀に残したい日本の自然百選」に選ばれたブナ林が保全され、魚沼の中でも標高が高いこの地区は、高温で食味が落ちる年にその実力を発揮します。

【28年産】新潟県 『佐渡岩首こしひかり』 (5kg)

販売価格(税込): 3,480 円

「トキと暮らす郷づくり」による生物多様性保全型農業に取りくんでいます。

【28年産】長野県 『松川村こしひかり【特別栽培米】』(5kg)

販売価格(税込): 2,880 円

安曇野ちひろ美術館の背に広がる西原地区の棚田では北アルプスからの清流を一番先に取り込み、天然の鈴虫が群生する日本有数のすばらしい環境のもと20年前より農薬・化学肥料をぎりぎりまで減らして米作りを行なっています。