現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
棚田米の販売
棚田米の産地から探す
棚田米の品種から探す
棚田米900gシリーズ
棚田米30kg袋
天日干し
棚田米一覧

 お米以外の関連商品
ご利用ガイド
商品コード:
35-1KHXG-1~35-1KHXG-7

【28年産】山口県 『中須北こしひかり【天日干し米】』 (900g)

販売価格(税込):
780
ポイント: 7 Pt
関連カテゴリ:
こしひかり
天日干し米
900gシリーズ
山口県
中須北の棚田(山口県周南市)
周防山地の摺り鉢状の棚田で減農薬で作られた環境保全米。 むらづくり組織「棚田清流の会」の取り組みで「美の里作りコンクール」農林水産大臣賞受賞。


代表者名:佐伯伴章

食感(粘り) ★★★☆☆
栽培安心度 ★★★☆☆
希少性 ★★★★☆
■いろいろ役立つ、コンパクトサイズ
*ジッパー付袋で保存もらくらく!
*冷蔵庫のポケットにスッポリサイズ!
*6合分の量ですので、3合ずつ2回に分けて炊ける!
*キャンプなどの持ち運びに最適!

ギフト利用ガイド
  • 精米歩合選択:
数量:

盆地を囲む峰市台地は大正時代の開田



平成22年度美の里作りコンクール 農林水産大臣賞
平成17年度農林水産祭むらづくり部門 農林水産大臣賞

日本穀物検定協会 平成27年度食味評価(A)認定米

周南市から車で30分の棚田は標高300mの中山間盆地に広がっています。
中山間地域の特性を生かした豊かな村作りに取組む「棚田清流の会」では
「まちの人が訪れたくなるむらづくり」をテーマにフォトコンテストを開催し、棚田のすばらしさを外部にPRしたり、棚田オーナー制度や田舎暮らし体験(ホームステイ)など都市住民との交流の機会をつくり地域の活性化に努めています。

代表の佐伯伴章さんは稲作や牧場経営する認定農業者で、また獣医師でもあります。佐伯さん達が作る中須北のお米は「泣かす米」としてブランド化され人気を集めています。農薬をぎりぎりまで控えて作るお米は肥料には米ぬかや落ち葉を混ぜてこしらえ、雑草は手で除去し、収穫後の乾燥は天日干しにするなど、厳しい環境にありながらブランド維持のために努力しています。
 
椹平の棚田 椹平の棚田 椹平の棚田 椹平の棚田

『棚田の天日干しと機械乾燥とでは味が違います』

収穫したてのお米はカビ等を防ぐための乾燥方法として「天日干し」と「機械乾燥」があります。

「天日干し」は、悪天候や、重労働などの障害要素が多くとても手間がかかりますが、短時間で乾燥させる「機械乾燥機」と違い、じっくり手間と時間をかけて乾燥させるので籾の割れは少なく味が良いのです。
実際、多くの農家さんが自家用米だけは「天日干し」にしています。

刈り取った稲を束ねて稲架(はさ)と呼ばれる横木に吊るし、お日様の力で乾燥させた「天日干し」は、乾燥機で「機械乾燥」したお米には無い美味しさと農家の方々の気持ちが詰まっています。

 

周南市中須北

周防山地の地辷りでできた摺り鉢状の盆地「崩(つえ)」を埋めつくす棚田。盆地を囲む峰市台地は大正時代の開田。むらづくり組織「棚田清流の会」が地域活性化に取り組んでいる。

 

わたしたちが作っています。~棚田清流の会を立上げ活動~

 インタビュー(2014年7月)

 
お名前
佐伯伴章(さえきともあき)
お好きな食べ物
トンカツ
米作り歴
15年
品種名
コシヒカリ
栽培方法
天日干し、減農薬(再生紙マルチ栽培)
お米の宣伝
5月上旬は低温で株はりが悪かった。農薬をぎりぎりまで控えた再生紙マルチ栽培をグループ(7人)でやっている。
棚田の説明
標高300~400mの棚田で地形的に5つの地域がすり鉢状になっている。
棚田を守るために考えていること
高齢化が進むため農地保全・地域保全に全戸全住民で(5地区)棚田清流の会を立ち上げ活動している。
お薦めの場所
5地区を1周囲る景観を見せたい。
お薦めイベント
中須地区産業文化祭 御田頭祭

商品情報

商品名 中須北棚田こしひかり【天日干し米】
内容量 900g
原材料 山口県周南市こしひかり
保存方法 密閉容器で冷蔵庫の野菜室で保存が望ましい。
常温保存の場合は高温多湿や直射日光を避け風通しの良い場所に保存。
米びつの場合は古いお米を使い切り、掃除した後に新しいお米を入れて保存。
販売者 株式会社成川米穀
〒210-0014
神奈川県川崎市川崎区貝塚1-12-11
電話番号 044-233-3690 (代表)

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

*

【28年産】岐阜県 『坂折(さかおり)みねあさひ【天日干し米】』(5kg)

販売価格(税込): 3,480 円

NPO法人坂折棚田保存会が、オーナー制度や地域物産のブランド化など、積極的保全活動をする400年前から築かれたという岐阜きっての歴史ある石積みの絶景棚田。

【28年産】新潟県 『松之山こしひかり【魚沼産米】』(5kg)

販売価格(税込): 3,980 円

棚田がある場所のさらに高地には「21世紀に残したい日本の自然百選」に選ばれたブナ林が保全され、魚沼の中でも標高が高いこの地区は、高温で食味が落ちる年にその実力を発揮します。

【28年産】新潟県 『佐渡岩首こしひかり』 (5kg)

販売価格(税込): 3,480 円

「トキと暮らす郷づくり」による生物多様性保全型農業に取りくんでいます。

【28年産】長野県 『松川村こしひかり【特別栽培米】』(5kg)

販売価格(税込): 2,880 円

安曇野ちひろ美術館の背に広がる西原地区の棚田では北アルプスからの清流を一番先に取り込み、天然の鈴虫が群生する日本有数のすばらしい環境のもと20年前より農薬・化学肥料をぎりぎりまで減らして米作りを行なっています。