棚田米が未検査米の多い訳

未検査米の袋と生産者名

「未検査米」とは農産物検査の品種、銘柄の検査を受けていないお米のことです。
検査は粒の外観を検査するもので、味や安全性(農薬使用)については検査項目にはありません。

生産者は検査を受けるためには書類を揃えたり、所定の米袋に入れたりする必要があるため、自家用や知り合いに送る場合は検査を受けない場合がほとんどです。検査を受けないとJAS法により米袋に品種や産地、生産年を表示することができません。

未検査米は米袋に「複数原料米」(実際は複数の原料でなくても)や「未検査米」と表示することになっています。
未検査米は味は検査米と変わらないとしても価格は検査米より安いため、一般には飲食店やお弁当用など業務用に使われています。

等級検査は粒揃い~不揃いへと一等、二等などと格付けされますから、
未検査米は、外観については保証されません。
販売用でなく自家用や縁故米などに栽培されている棚田米は未検査米が多くななります。



棚田米と安全性